本読みさんへのメッセージ

未知から既知への道すじ

2013年06月10日

「私にとって読書とは、それまで未知であった世界を
 想像しあるいは空想し、時には一体となって考え
 あるいは反発し、やがて既知の世界として私の中に
 沈めてゆく行為である。」

 ── 池内 了著『読むことと想像すること』


言葉を、我が体験とするには、
 
時に言葉と同化し、時に距離を置き戦いを挑み…
 
そんな格闘するプロセスが必要なのでしょうね。
 
すんなり読んで、分かった気になっておりました…反省。



▲ページのトップへ戻る


読書・読書会、お薦め書籍についての無料メルマガはいかがですか?

コラムと別枠で、読書にまつわるアレコレを無料メルマガでお届けしています。よかったらご購読ください。(^^*♪

お名前(姓)
メールアドレス

※詳しい解説はこちらをどうぞ♪⇒メルマガ情報(解除・アドレス変更も)

▲ページのトップへ戻る