本読みさんへのメッセージ

静かなれど、内なるエネルギーは...!

2013年07月03日

「古典とは何らかの意味で変革の書である。」

 ── 向坂逸郎著『読書は喜び』


古典はしずかに、おくゆかしく真実を語りかける
 
そんな存在であるかに見えますが。
 
実は、書かれた時代には、科学に変革をもたらし、
 
社会を変え、体制を覆すパワーを持っていた、
 
そんなパワフルな存在であったわけです。
 
時が経ち、静かに語りかけるその内側には
 
すごいエネルギーを秘めているわけなんですね。(^^*



▲ページのトップへ戻る


読書・読書会、お薦め書籍についての無料メルマガはいかがですか?

コラムと別枠で、読書にまつわるアレコレを無料メルマガでお届けしています。よかったらご購読ください。(^^*♪

お名前(姓)
メールアドレス

※詳しい解説はこちらをどうぞ♪⇒メルマガ情報(解除・アドレス変更も)

▲ページのトップへ戻る