本読みさんへのメッセージ

良書はない。なるのみ。

2013年06月06日

「良書があるとすれば、
 それはある読者がある本を
 彼あるいは彼女にとっての良書にした、
 という事実を除いてありえない。」

 ── 大岡信(岩波文庫編集部)著『読書のすすめ(より)』


教師には教科書・副教材を使いこなす教師と、
 
教科書・副教材に追われる教師の2種類がいます。
 
読者にも、
目的にふさわしいフォーカスと積極的な意欲で
本との出会いを「一期一会」とできる人と、
 
なんとなく読んで、
「おもしろかった」「つまらなかった」という
表面的な感想を吐き捨てる人がいます。
 
いい本、いい教材は「ある」のではなく、
あなたのフォーカスと姿勢によって、いい本に「なる」のです。



▲ページのトップへ戻る


読書・読書会、お薦め書籍についての無料メルマガはいかがですか?

コラムと別枠で、読書にまつわるアレコレを無料メルマガでお届けしています。よかったらご購読ください。(^^*♪

お名前(姓)
メールアドレス

※詳しい解説はこちらをどうぞ♪⇒メルマガ情報(解除・アドレス変更も)

▲ページのトップへ戻る