本読みさんへのメッセージ

知識は粗から入り、精に至るべし

2013年07月01日

「「粗さ」の中にひそんでいる「精しさ」への
 予兆にこそ、私たちはむしろ惹きつけられる。」

 ── 茂木健一郎著『欲望する脳』


リンゴが落ちるシーンの中に
 
万有引力を見出したニュートンしかり。
 
予感から論証への道筋というのは、
 
ある部分確信に満ちたものがあり、
 
それでいてある部分、ギャンブルに近いものでもありますね。
 
しかし、その「粗さ」しか見えない現実を大切にして、
 
「精しさ(くわしさ)」を見出す好奇心と論証の努力を
 
忘れないようにしたいものです。



▲ページのトップへ戻る


読書・読書会、お薦め書籍についての無料メルマガはいかがですか?

コラムと別枠で、読書にまつわるアレコレを無料メルマガでお届けしています。よかったらご購読ください。(^^*♪

お名前(姓)
メールアドレス

※詳しい解説はこちらをどうぞ♪⇒メルマガ情報(解除・アドレス変更も)

▲ページのトップへ戻る