本読みさんへのメッセージ

3次元の読書へ

2013年06月21日

「本という二次元の表現が、
 「時」という要素が加わることで
 三次元に立ち上がってくる。」

 ── 赤川次郎著『三次元の読書へ』


音で感じ、心で体験した作品は、
 
しばし意識からは消え去ったように見えますが、
 
何かのきっかけを得ることで、
 
それまでの自身の体験やら様々な感情やらを
 
つれだって、突如、立体的に自分の前に
 
立ち現れるものなのです。



▲ページのトップへ戻る


読書・読書会、お薦め書籍についての無料メルマガはいかがですか?

コラムと別枠で、読書にまつわるアレコレを無料メルマガでお届けしています。よかったらご購読ください。(^^*♪

お名前(姓)
メールアドレス

※詳しい解説はこちらをどうぞ♪⇒メルマガ情報(解除・アドレス変更も)

▲ページのトップへ戻る